銀行印は、実印と同様に銀行印も複製や偽造がされないような印鑑でなければ非常に危険です。そんな大切な銀行印ですが、印鑑の販売店はたくさんありますが、どこで購入するのがよいのでしょうか。

通販サイト印鑑は、100円ショップや文房具屋でも手軽に安く購入できますが、苗字だけが彫られているはんこが一般的で、珍しい名前の苗字などは手に入れることができません。また、大量生産ですから同じ印鑑を使用している人が多くいる可能性もありますから、複製や偽装のリスクも高いです。銀行印だけではなく、実印や個人証明などに使用しない認印として使うことをおすすめします。やはり、印鑑のことなら、印鑑の専門店に任せるのが一番です。印鑑の専門店は、商店街や駅前など意識してみると多くの場所にあります。専門店では、直接印鑑について相談することができますし、珍しい苗字やフルネームの印鑑に対応してくれます。

そして、印鑑通販サイトは、わざわざ店舗に出向かなくても実店舗と同じように実印や銀行印を購入することができます。また、ほとんどの印鑑通販サイトでは、印面の字体の仕上がりのプレビュー画面を見ることができるので、事前に印鑑の仕上がりイメージを掴むことができます。もちろんフルネームや名前での注文もできます。印材の種類や、サイズも実店舗と同じようにを選ぶことができるので、理想の印鑑が必ず見つかります。何よりも印鑑通販サイトの方が安く印鑑を購入することができます。印材によっては、実店舗より半額以下の値段で購入できることもありますので、とてもおすすめです。

銀行の窓口で、お金を預入するのも引き出すの銀行印が必要です。最近は、コンビニなどにATMが設置されていますので、ほぼ好きな時間にお金の出し入れが可能になりました。しかし、銀行は、銀行印を本人の口座かどうかを確認するために重要なものとして認識しています。逆に言うと、銀行印と通帳や口座情報があれば、窓口でお金の引き出しが可能ということになります。自分の銀行口座を守るためには、銀行印は大切です。どういった印鑑が銀行印にふさわしいのでしょうか。

銀行印銀行印にふさわしい印鑑の条件は、複製しにくい印影となるように複雑な字体、そして、破損や簡単に欠けることがない丈夫な印材であることです。できることなら、大量生産のものではなく、銀行印として作られたものがよいでしょう。

また、銀行印と言えば、苗字のみというイメージがありますが、フルネームでも名前のみでも問題ありません。名前のみにすると、苗字よりも同じ名前の人が少ない可能性あり、類似した印鑑や複製されるリスクが低いのがメリットです。そして、女性であれば、結婚や離婚などで苗字が変わることがあります。苗字が変わる毎に届出印の変更届けを出る手間をはぶくことができます。

さらに、銀行印のサイズは、認印よりも少し大きめのサイズがおすすめです。認印は、日常生活で使うことが多いため、10~11mmくらいが使いやすくて一般的なサイズです。それより少し大きめに作っておくと認印との区別もつき、銀行印が必要になった時に間違えて認印を持って来てしまったなんてことにはなりません。もちろんサイズに関しても決まったサイズというものはありませんので、好みのサイズにすることもできます。

銀行印と実印はどちらも重要な印鑑であることは、なんとなくご存知だと思います。そして、銀行印と実印を兼用されている人も多いですが、銀行印と実印を分けた方がいいと聞いたことはありませんか?どうしてなのでしょうか。

印鑑実は、実印と銀行印は、同じ印鑑でも問題ありません。用途で区別されているだけですので、こうであるべきという規定や明確な定義がありません。販売店では、実印向きの印鑑と銀行印向きの印鑑という分類がされているだけですから、実印として購入したものを銀行印として使用することは問題ありませんし。逆に、銀行印として購入したものを実印として印鑑登録することも可能です。

しかし、実印の用途は、不動産購入など大きな金額の契約書や重要種類などに使われることが多く、簡単に複製されにくい作りになっていることが必要です。そして、銀行印も実印と同様に複製がされにくい陰影で作ることが大切です。どちらも複製されにくい印影で作られますが、そもそも一つの印鑑を複数の用途に使用すると、印影が外に流出してしまう可能性が高くなり、偽造されるリスクが高まります。また、実印と銀行印を兼用していると、盗難に遭ったり紛失してしまったりした際に、金融機関への登録印鑑の変更手続きや、実印辞退の廃止など手続きに手間が借る可能性もあります。こういったことから、リスク分散のためにも銀行印と実印を分けることおすすめします。

不動産の契約書や重要書類などに使用される「実印」と金融機関の「銀行印」は、どちらも重要な印鑑ですが、2つを兼用することも可能ですが、実印と銀行印を分けることで印影が外に流出してしまうリスクを小さくすることができます。では、銀行印はどういった印鑑がふさわしいのでしょうか。

ATM最近は、いつでもコンビニなどのATMでお金を預入するのも引き出すこともできますから、銀行の窓口を利用することがあまりなくなりました。しかし、キャッシュカードを紛失した時などは、銀行の窓口で、本人の口座かどうかの確認として、銀行印が必要となってきます。そういったことからも重要な銀行印は、簡単に複製できないような印影のものや、丈夫な印材が使用されている印鑑が適してます。また、苗字ではなくフルネームや名前だけにしたりすることでユニークな印鑑となり、類似した印鑑も少なくなりますし、複製されるリスクも回避できます。

銀行印は、印鑑の専門店、文房具屋、100円ショップなどで購入できますが、特に印鑑通販サイトでの購入がおすすめです。文房具屋、100円ショップなどは、安価で手軽に購入できますが大量生産ですので、大切な銀行印として使用するのはリスクが高いです。やはりユニークな銀行印を購入するなら、印鑑の専門店に任せるのが安心です。そして、印鑑通販サイトならわざわざ店舗に出向かなくても実店舗と同じように実印や銀行印を購入することができ、実店舗よりも安価に購入することができます。このサイトでは、銀行印の大切さとどのような銀行印がふさわしいのか解説しています。銀行印の購入についてお悩みであれば、少しでも参考にしていいただけると幸いです!