銀行印の印鑑

不動産の契約書や重要書類などに使用される「実印」と金融機関の「銀行印」は、どちらも重要な印鑑ですが、2つを兼用することも可能ですが、実印と銀行印を分けることで印影が外に流出してしまうリスクを小さくすることができます。では、銀行印はどういった印鑑がふさわしいのでしょうか。

ATM最近は、いつでもコンビニなどのATMでお金を預入するのも引き出すこともできますから、銀行の窓口を利用することがあまりなくなりました。しかし、て、銀行印が必要となってきます。そういったことからも重要な銀行印は、簡単にキャッシュカードを紛失した時などは、銀行の窓口で、本人の口座かどうかの確認とし複製できないような印影のものや、丈夫な印材が使用されている印鑑が適してます。また、苗字ではなくフルネームや名前だけにしたりすることでユニークな印鑑となり、類似した印鑑も少なくなりますし、複製されるリスクも回避できます。

銀行印は、印鑑の専門店、文房具屋、100円ショップなどで購入できますが、特に印鑑通販サイトでの購入がおすすめです。文房具屋、100円ショップなどは、安価で手軽に購入できますが大量生産ですので、大切な銀行印として使用するのはリスクが高いです。やはりユニークな銀行印を購入するなら、印鑑の専門店に任せるのが安心です。そして、印鑑通販サイトならわざわざ店舗に出向かなくても実店舗と同じように実印や銀行印を購入することができ、実店舗よりも安価に購入することができます。このサイトでは、銀行印の大切さとどのような銀行印がふさわしいのか解説しています。銀行印の購入についてお悩みであれば、少しでも参考にしていいただけると幸いです!

実印と銀行印の違い